ジャフコ株式会社 男性不妊症・精子特性分析機・総代理店

0354313551

お知らせ

  • 2017.08.09       07/20~07/21 第35回日本受精着床学会総会・学術講演会(鳥取)に展示出展しました。
  • 2017.07.19       新製品SQA-VISONが発売されました。
  • 2017.06.08       11/16~11/17 第62回日本生殖医学会学術講演会(山口)での展示出展します。
  • 2017.06.08       07/20~07/21 第35回日本受精着床学会総会・学術講演会(鳥取)に展示出展します。

近年、少子高齢化や出生率の低下がTVや新聞、雑誌などでも話題を呼び不妊症も注目を集めております。
また男性の精子が減ってきているということもマスコミに取り上げられること が多くなり、結婚前に彼の精子を測ってもらいたいという女性側の両親からの
依頼まで聞かれるようになりました。
現在の日本では10%のご夫婦が不妊症で悩んでいるというデータもあります。

その不妊原因の約半数を占める「男性不妊」の検査である「精液検査」は未だに顕微鏡で 精子数を数え、奇形率や運動率を求めるという昔からの用手法に
頼っています。
しかし、数千万という数の動いている精子を数えるには検査技師の熟練度と時間を必要とし、得られたデータも測定者の主観や疲労度、経験によって
大きく変ってしまうことが指摘されています。

今回ご紹介させていただく精子特性分析機SQA(Sperm Quality Analyzer)はイスラエルで開発され、
どなたでも簡単に短時間で精子検査が出来る機器として、日本生殖医学会(旧:日本不妊学会)や日本受精着床学会等でも大変話題を呼んでいる機械です。

特に顕微鏡では見ることができない平均精子速度や高速直進運動精子濃度:PMSC(a)、SMI(Sperm Motility Index)等精子の受精能力の予測に有用な
データが得られることも特徴になっています。

不妊用語集 製造元リンク イスラエルMES PAGETOP